中古マンションの築年数は何年くらいが適切な買い時なのか?

中古マンションの築年数は何年くらいが適切な買い時なのか?

こんにちは、耐震証明発行支援センターです。

本日は昨今の中古マンションへの購入トレンドから築年数が何年程であれば買い時なのか?についてお伝えしたいと思います。

 

結論としては、買い時というのはありません。

ただ、本ブログを読まれる方々にとっては「20年〜30年前後の物件」が効果的でかつ納得感のある買い物となるでしょう。

 

理由①:20年〜30年前後のマンションは資産価値が安定しやすい

 

理由は、たくさんありますが大きく資産価値が安定しやすいことが言えます。

 

新築物件はドアを開けた瞬間に初回の販売価格の3割近く値下がり、そして20年前後まで物件・マンションの価格は基本的には下がっていきます。

 

当然、20年〜30年前後の物件も下がりはしますが、基本的に安定した価格変動となっております。

 

理由②:都心部エリア、駅周辺は利便性が高いので価値が安定しやすい

 

ちなみに都心部エリアでは昨今の人口集中と不動産の価格高騰で購入時と同等の価格に至ったケースもございます。

 

もう一つの理由は価格を落としにくいエリアを選択ができる事です。

 

中古マンションは、エリア環境が良い場合は資産価値としては特に安定しやすいと言えるでしょう。

 

これは都心部エリアや駅周辺などの利便性の高いエリアをさします。

 

このようなエリアになる物件は価値がつきやすく求める人が後を絶ちません。

少々古くても購入したり賃貸されたりする方々は多いと言えます。

 

なので中古マンションの購入時はエリア選定も資産価値を安定させる材料と言えるでしょう。

 

注意:マンションの管理状況には注意

 

しかし勿論、中古マンションも全てが良いわけではありません。

中にはデメリットや粗悪な物件・マンションは当然あります。

 

上げればキリがありませんが、マンションの大規模修繕をいつ行ったのか?や管理状況に関してはよくチェックしておきべきです。

 

基本的にコンクリート式のマンションなどであれば50年前後まで居住可能と言われています。しかし、管理環境が悪いマンションだと物件の寿命も短くなります。

 

当然、物件は古くなりますので細かな修理や修繕は必要となります。

中でも大規模修繕は多くの費用がかかります。約12年周期で実施されることが多いです。

マンションの管理組合にもよりますが、この大規模修繕に別途一時金が必要とされるケースもあります。 

 

なので、これら管理会社、修繕積立金、管理費用、滞納者の有無、過去の修繕履歴、トラブルなどなどについてはしつこく聞いておいて良いでしょう。

 

もし、可能であれば住んでいる住民の方々の様子や実際に話を聞いてみても良いと言えます。

 

まとめ

・20年〜30年前後のマンションは中古マンションは資産価値が安定しやすい

・都心部エリア、駅周辺は利便性が高いので価値が安定しやすい

・ただ、管理状況によって粗悪なマンションも存在するため注意が必要

 

いかがだったでしょうか?

実際に買い時のタイミングはなくても判断することは可能です。

中古物件の購入に対しての判断基準についての詳しい説明は下記にも記載しておりますので、是非ご一読ください

最短1週間で証明書発行可能

中古住宅の減税制度をご活用予定の方は
今すぐご相談ください。

メール メールで無料相談する矢印

365日24時間受付可能

電話 電話で無料相談する矢印

営業時間:9:00〜18:00

LINEで無料相談矢印
LINE LINE

専門のスタッフが無料でご相談を承ります。
メールでのお問い合わせは365日24時間受付可能