不動産売買の専門的な業務を丸っと支援する 耐震証明発行支援センター不動産売買の専門的な業務を丸っと支援する 耐震証明発行支援センター

相談受付 10:00〜18:00(平日) 0120-932-532

フラット35適合証明とは?利用できない条件を解説

フラット35適合証明とは?利用できない条件を解説

住宅ローンの1つであるフラット35は、固定金利で借入金と返済額が確定しているため、多くの方々が利用しています。

また、返済期間も最大35年と長いので、月々の返済額を抑えられる点も大きな特徴です。

一方で借り入れを行う物件には、厳しい基準が求められます。

そこで今回は、フラット35が利用できない条件についてご紹介します。

 

フラット35の適合証明とは?

適合証明はフラット35を利用する時に、必ず必要になります。

しかし、銀行などの金融機関で住宅ローンを組む際は不要であるため、聞き馴染みのない方も多いのではないでしょうか?

適合証明とは、その住宅が独立行政法人住宅金融支援機構の定める技術基準を満たしているかの証明になります。

この技術基準を満たしていることで、高品質な住宅であることを証明できます。

高品質な住宅であることを証明できると、フラット35の固定金利型ローンや金利優遇プランを受けることが可能です。

 

利用できない条件

建築物が基準を満たしていない場合は、フラット35を利用することができません。

また、建物が基準を満たしているかどうかは、検査済証で証明することが可能です。

仮に新築の建物の場合は検査済証を取得しているので、問題ありません。

しかし、中古物件の場合は検査済証が無いケースも多々あります。

また、検査済証が交付されていても、検査時と建物の規模などが変わっている場合は証明できないので注意が必要です。

加えて、フラット35は住宅の規模に関する条件もあり、住宅の規模が定められた条件よりも小さい場合は適応外となります。

 

適合証明を取得できない時の対処法

適合証明は後からでも取得できますが、場合によっては取得できません。

では、適合証明が取得できない場合は、どうすればよいのでしょうか。

フラット35には、フラット35登録マンションがあります。

フラット35登録マンションでは、事業者が適合証明を取得しているので、自分で取得する必要がありません。

また中古物件の場合は、新築時に長期優良住宅を受けていて築20年以内の場合や、築10年以内で新築時にフラット35を使用した住宅などの条件に当てはまった場合は、適合証明を取得する必要はありません。

このように、適合証明の取得が不要なケースもあるため、ぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

フラット35に必要な適合証明は、物件によっては取得することができません。

しかし、適合証明を取得できないと、フラット35を使うことができません。

そのため、フラット35の利用を検討している場合は、事前に対処法を考える必要があるといえるでしょう。

フラット35をスムーズに利用するには、適合証明やフラット35の概要について、事前知識を身につけておきましょう。

 

弊社ではフラット適合証明書の発行を最短1週間で行っております!!

また、無料相談を24時間LINE・メールにて受け付けております。

日中は電話相談もご利用可能です。

フラット適合証明書が発行可能な物件か?

フラット適合証明書の発行に必要書類は何か?などご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

フラット適合証明書発行サービスはこちらをクリック

会社概要はこちら

 

友だち追加

 

全国耐震基準適合証明書発行サービスロコミ満足度第1位 ※

不動産売買の
専門的な業務を
一括で支援いたします

耐震証明書発行支援センターでは不動産売買に関わる
建築・税金・融資についてシンプルかつわかりやすくご提案いたします。
不動産に関する業務の手間を省くお手伝いをしております。

相談・診断は無料

安心してお問合せください
365日24時間の受付窓口は
メール・LINEとなります

オンラインでサービス説明会開催

オンラインでサービス説明会開催オンラインでサービス説明会開催

オンラインにて各種サービスを
詳しく説明いたします。
ご希望の方は下記
お問い合わせフォームより
エントリーください。

オンライン説明会は随時実地!zoomオンライン説明会は随時実地!zoom

    CONTACT

    各種サービス、申請手続きなどのご質問などございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
    ※個人情報の取り扱いに関しては、プライバシーポリシーをご確認いただき、同意の上お問合せください。

    お電話でのお問い合せはこちら

    0120-932-532

    相談受付 10:00〜18:00

    ※必須入力

    お名前
    会社名
    メール
    TEL
    お問合せの内容を選択
    お問合せの内容を選択

    代表挨拶

    室橋 雄介

    耐震証明発行支援センター代表の室橋です。
    弊社は、中古戸建や中古マンションを売却・購入される皆様の『建築・融資・税制』をシンプルに分かりやすくを目的として業務を行なっております。不動産の売却や購入は、専門的且つ複雑な手続きが関わり、更に立地や建物状況によっても提案方法が変わって参ります。
    この点を踏まえ、お客様の状況や希望に合わせたトータルサポートを目指します。協働する事でお客様のお役に立つ企業であり続ける事をお約束いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

    代表取締役 室橋 雄介

    会社概要

    会社名 株式会社 耐震証明発行支援センター
    登録 KOMAME設計 二級建築士事務所 
    愛知県知事登録(ろ-3)第7615号
    代表者名 室橋 雄介
    支店
    【本社オフィス】
    〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山4-3-20 第1タツミビル3階
    TEL 0120-932-532 / FAX 052-265-7567
    【東京オフィス】
    〒108-0074 東京都港区高輪2-14-17グレイス高輪ビル8F
    TEL 0120-932-532 / FAX 03-6868-7741
    【大阪オフィス】
    〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町2-3-12EDGE本町3F
    TEL 0120-932-532 / FAX 06-7878-5717
    メール info@taishin-hakkou.com
    休日 土曜、日曜、祝日
    営業時間 10:00〜18:00 
    メールまたは、公式LINEでは24時間365日対応

    不動産売買の専門的な業務は
    私たち耐震証明発行支援センターに
    丸っとご依頼ください