フラット35に必要な適合証明書と耐震基準適合証明書の違いに簡単に解説

フラット35に必要な適合証明書と耐震基準適合証明書の違いに簡単に解説

こんにちは、耐震証明発行支援センターです。

日本の不動産の取得において35年の長期型の住宅ローンを利用される方々は多いかと思われます。

 

この背景には低金利というポイントと住宅ローン控除制度があるのではないでしょうか?

また、昨今は不動産価格の高騰から中古マンションの購入を検討される方々も増えており、

リフォームやリノベーションを利用する事もスタンダードです。

 

ただし、中古物件の場合は新築と違い

・住宅ローン制度が受けられない

・住宅ローン控除が受けられない

といった条件的に難しい場合があります。

 

これらをクリアする方法として

フラット35適合証明書耐震基準適合証明書が存在しますが、

一般消費者からみると非常によく似ているため混同しがちである事が弊社としてもよくご相談として受ける印象です。

 

本日は、その「フラット35適合証明書」や「耐震基準適合証明書」の違いについて

説明していこうと思います。

 

それではみていきましょう。

そもそも「フラット35適合証明書」と「耐震基準適合証明書」は全く異なる書類である

 

端的に解説すると

 

「フラット35適合証明書」は、フラット35=長期「固定」金利の住宅ローンを受けるために必要な書類。

 

「耐震基準適合証明書」は、住宅ローン減税の対象外である中古住宅に住宅ローン減税を受けられるようにする書類です。

 

つまり、銀行からお金を借りるために必要な書類と住宅ローン控除を受けられるようにする(対象外の場合)書類の違いがあります。

 

住宅ローン控除が受けられない落とし穴については下記の記事を参照ください。

住宅ローン控除が受けられない意外な落とし穴とは?

 

フラット35とは?

 

フラット35とは、民間の銀行と住宅金融支援機構が提供している長期「固定」金利の住宅ローンです。

つまり、金利が固定された住宅ローンです。

 

え?固定金利って何?

金利は簡単に言えば利息です。貸している分の幾らかはお金をいただくことです。

この金利は大きく2つの種類があります。

 

・経済状況によって変動する変動金利。

・経済状況によっても基本的に変化のない固定金利。

 

固定金利の特徴は、銀行から借り入れした資金の返済終了までの借入金利と返済額が100%固定され、確定します。

変動金利の場合は、数年に1度金利の見直しがありますがそう言った変動の余波を受けない金利のスタイルです。

 

フラット35適合証明書とは?

 

フラット35適合証明書とは、フラット35を受けるために必要な証明書になります。

実はフラット35は、全ての物件に融資(住宅ローン)されるわけではありません。

 

一定の基準があり、その基準に達している物件のみ融資(住宅ローン)されます。

 

その証明が適合証明書としてが発行されるわけです。

 

中古住宅におけるフラット35適合基準とは?

 

新築物件の場合は、仲介業者などが代理申請してくれますが中古物件の場合は対応されない場合がございます。

(その際は弊社などにご依頼いただく事で対応する事も可能です。)

 

基準については下記が基本的な基準となりますので、ご参照ください。

また多くの場合が築年数における耐震性の問題かと思います。

 

耐震性に関しては下記記事よりご紹介しておりますので、

ご参照ください

新耐震と旧耐震の違いについて知ろう

 

接道

原則として一般の道に2m以上接すること

住宅の規模

戸建ての場合:70㎡以上(共同建ての住宅は30㎡以上)

マンションの場合:30㎡以上

住宅の規格

原則として2以上の居住室(家具等で仕切れる場合でも可)ならびに炊事室、便所及び浴室の設置

併用住宅の床面積

併用住宅の住宅部分の床面積は全体の2分の1以上

戸建型式等

木造の住宅は一戸建てまたは連続建てに限る

住宅の構造

耐火構造、準耐火構造または耐久性基準に適合

住宅の耐震性

建築確認日が昭和56年6月1日以後であること

(建築確認日が昭和56年5月31日以前の場合は、耐震評価基準などに適合)

劣化状況

戸建て:土台、床組等に腐朽や蟻害がないこと等

マンション:外壁、柱等に鉄筋の露出がないこと等

引用参照情報:https://www.flat35.com/loan/tech_cyuko.html

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

物件購入の際の書類のやりとりが非常に多くて混乱してしまいます。

混乱を避けるためにはこの書類は何の為のものか?を明確にシンプルにインプットすることで整理ができます。

 

では、改めて「フラット35適合証明書」と「耐震基準適合証明書」の違いを簡単に説明します。

 

①「フラット35適合証明書」は、住宅ローンを受けるために必要な書類。

②「耐震基準適合証明書」は、対象外である中古住宅に住宅ローン減税を受けられるようにする書類。

 

以上となります。

 

最後に築年数の基準を超えていても耐震基準適合証明書の取得し、

住宅ローン減税を取得する方法に関してご紹介しておきます。

築年数が25年超えの中古マンションでも住宅ローン控除を取得できる方法について徹底解説

 

最短1週間で証明書発行可能

中古住宅の減税制度をご活用予定の方は
今すぐご相談ください。

メール メールで無料相談する矢印

365日24時間受付可能

電話 電話で無料相談する矢印

営業時間:9:00〜18:00

LINEで無料相談矢印
LINE LINE

専門のスタッフが無料でご相談を承ります。
メールでのお問い合わせは365日24時間受付可能